single.php

ノーベルバール

ノーベルバールは静注用のフェノバルビタールです。 痙攣重責に対する投与量は15~20mg/kgです。 たとえば、体重が50kgだとすると、初回投与量は、 15~20mg/kg×50kg = 750~1000mg = 3~4バイアル 3~4バイアルをそれぞれ5mlの生理食塩水で溶解する。 それを50mlもしくは100mlの点滴溶液で希釈し10分以上かけて点滴投与する。 以下のノーベルバール資料を参考にしてください。

皮下・筋注製剤との比較

製品名 ノーベルバール静注用250mg フェノバール注射液100mg
剤形 バイアルバイアル (白色の塊又は粉末・凍結乾燥注射剤) アンプルアンプル
成分、含量 1バイアル中、 フェノバルビタールナトリウム274mg 1アンプル(1mL)中、 フェノバルビタール100mg
添加物 一切含有していない (フェノバルビタールとして250mg) ・クロロブタノール ・グリセリンジエチルエーテル
pH 9.2~10.2 7.8~8.8
浸透圧比 2.5~2.6 約19
投与経路 静脈内 皮下または筋肉内
最高血中濃度 到達時間 該当しない 4~6hr

ノーベルバールの投与方法

【1.新生児けいれん】

初回投与量(20mg/kg) 維持投与量(2.5~5mg/kg)
体重 1kg 2kg 3kg 1kg 2kg 3kg
投与量 0.4mL 0.8mL 1.2mL 0.05mL 0.1mL 0.15mL
*:臨床試験においては投与量の倍量をとり、2ccに希釈してその半分(1cc分)を直接手押しにて投与した。場合によりインフュージョンポンプを用いることも考慮する。

【2. てんかん重積状態】 15~20mg/kg (体重は50kgと仮定)

初回投与: 15~20mg/kg×50kg=750~1000mg=3~4バイアル
  1. 3~4バイアルをそれぞれ5ccの生理食塩水、注射用蒸留水で溶解する。
  2. それを50ccもしくは100ccの点滴溶液で希釈し、10分以上を掛けて点滴投与する。
維持投与: 投与量は規定されていないが、 投与する場合には新生児けいれんの維持投与量(2.5~5mg/kg)を参考にする。 * 50kg×2.5~5mg/kg=125~250mg(0.5~1本)
1バイアル(250mg)を5mLの生理食塩水、もしくは注射用蒸留水に溶解する。濃度は、50mg/mLとなる。

用法・用量例:てんかん重積状態

フェノバルビタールとして15~20mg/kgを1日1回静脈内投与

より安全に投与するために①(てんかん重積状態)

ノーベルバールの調整

  1. ノーベルバール静注用250mg1バイアルに、5mLの注射用水又は生理食塩液を加え、軽く振って溶解する。 溶解後は、速やか(6時間以内)に使用する。
  2. 50mg/mLの濃度となるので、体重に応じて必要量を採取し、必要に応じて生理食塩液などで希釈する。

投与前に確認すること

  1. 家族が同伴している場合は、既往歴などを確認する。
  2. 血圧、脈拍数および呼吸数などのバイタルサインを確認する。
  3. 緊急蘇生ができる状態であることを確認する。

投与中に注意すること

  1. 10分以上かけて、ゆっくりと静注する。 また、100mg/分を超えないように投与時間を調節する。
  2. 常時、バイタルサインを観察する。
  3. 急激に呼吸数、心拍数が下がった場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

投与終了後に注意すること

  • フェノバルビタールの血中濃度半減期は60~100時間程度であることから、 投与後も継続したバイタルサインのチェックを行う。

ポケットガイド用お問い合わせ

ポケットガイドの内容に関してのお問い合わせは こちらのメールフォームをご利用ください。

【※メールでの診療に関するお問い合わせはお答えすることができません】

※必須

※必須

※必須

※必須

※必須

上記内容でよろしければ「チェック」をつけて送信ボタンを押してください。

公開日:2013年3月5日  カテゴリ: てんかん, ポケットガイド
  • ポケットガイド:カテゴリー

    すべて開く | すべて閉じる