single.php

第17回 ガバナンスの核心

第17回 ガバナンスの核心

ついに見つかった「しっくり」くる言葉

日本の医師には「献身」という根っからの強いポリシーがある。

私には、救命救急センターの医師たちが、
どうしてこんなに頑張って仕事をしてくれるのか、

そのガバナンスの核心を、
これまでうまく説明できなかった。

このブログの第1回でも、できるだけのことは書いたが、すっきりしなかった。

私には「目標」があった。
断らない三次救急という目標である。

それを達成するための「方法」については、
部下たちと意見がぶつかっても、我(が)を通さず我慢した。

つまり、部下の、「自主性と主体性」を大切にした。
トップは、そのような「目に見えない努力」が大事だと思った、

という内容を書いた。

しかし、

「見えない努力」や、
「余計な自尊心との戦い」という表現だけでは、

まだ完全にはしっくりこなかった。

もっと前向きな意味で、私は「何か大事なこと」に取り組んできた。

そして、ここ最近の
DMAT隊員の姿や、新しい感染症に立ち向かう医師たちを見ていて、

「救命救急センターの医師たちが、
どうしてこんなに頑張って仕事をやってくれるのか」

について、今更ながら、やっと核心をつく「言葉」が見つかった。

 

それは、『献身』である。

 

「献身」というのは、あまりに当たり前すぎて、身近すぎて、
救命救急センターの医師たちの心を、すでに占有しているが故に、

かえって出てこなかった言葉である。

感染症については、

いま問題になっている新型コロナウイルスをはじめ、
その病態が、十分に明確されていない疾病が多い。

感染症以外にも、

例えば、東京オリンピックに向けて

万が一、テロがあった場合は、
「化学剤」から救命する医療を、我々は準備している。

これらは、二次被害(自分も被害者になること)の恐れがあるため、
もちろん、医療者にとっても、怖い。

それが解っていても、逃げずに、患者さんと向き合っている。

それは、おそらく、
医師たちには、どうしても譲れない「献身」というポリシーがあるからだろう。

そもそも、日本人ほど「献身価値」に重きをおく国民はないと思う。
我々の深層心理に、「人の役に立つことの意味」が、強く沁み込んでいるのだと思う。

救命救急センターのガバナンス

組織が「献身」という価値観で繋がること。それが私にとってのガバナンスである。

いま、改めてこの10年間を振り返ると、

私も、自分なりに、部下に対する「献身」を行ってきた。
平時から、部下が仕事をしやすいように、職場環境を、精一杯、整えた。

そして、部下が「困ったとき」は、
一気にトップギアに入れて、全力で守った。

医療は「リスク」との戦いである。
どれだけ正確を期しても、誤りは生じるし、誤ってなくても、誤解が生じることがある。

小さな一つの失敗で、人生を狂わせないように、
私は、部下たちが「落とし穴」に陥るたびに、全力で彼ら彼女らを守った。

私はそうやって生きることで、前向きな「達成感」があった。
つまり、私の「自己実現」は「部下たちへの献身」であった。

いま思うと、八王子の救命救急センターという組織は、
上司と部下が「献身」という共通の「価値観」で繋がっていたのだと思う。

これが、私にとっての「ガバナンス」である。

管理職に求められる特性

管理職に求められる特性に「部下への献身」があると思う。

日本人の「労働生産性」を高め、
世界の経済大国としての地位を取り戻すための政策が、「働き方改革」である。

これは、社会全体の「上位下達」構造からの脱却であり、
雇用者の「自主性、主体性」をいかに高められるか、というものである。

このことは、繰り返し書いてきた。

医療の現場でも、

すでに「内発的」な、独自のモチベーションを有する現場の医師たちに対し、
経営視点の「外発的」な動機付けを、組織が強制するのは、難しい。

それより、個々人の、既存のモチベーションを「後押し」することで、
その結果として、組織の社会的、および経済的な発展を図るべきと思う。

すなわち、

上司は、自分が活躍するのではなく、
「部下が活躍する舞台をつくるのが仕事」であり、
それができない上司は管理職から外れるべき、と私は思う。

医療の現場は、医師の「献身」で成り立っている。
つまり、医師は、常に大きなリスクと向い合わせで、社会に貢献している。

手術合併症にせよ、投与した薬の副作用にせよ、
医療は、常に起こりえるリスクと表裏一体である。

したがって、患者さんを守るために、
管理職は、まず現場の医師を守らねばならない。

すなわち、管理職に求められる特性は『部下への献身』だと思う。

ガバナンスの核心

ガバナンスの核心は、部下以上の損失を恐れない、上司の勇気と覚悟であろう。

ところが、『部下への献身』は、
わかっていても、なかなかできない。

多くの上司にとって、それは「言行不一致」に終わってしまうものだと思う。

というのも、医師のリスクは非常に大きく、
例えば、先に書いたように、感染症の場合は、

二次被害に遭うと、自分のみならず家族や同僚にも
受けるべきでない扱いを受けさせてしまう。

このような大きなリスクに立ち向かっている医師の心を守るのは、
決して容易なことではない。

守ろうとすればするほど、さまざまな責任を、
上司である自分が、代わりに背負うことになる。

すなわち、リスクを背負って患者に向かい合う部下を守るには、
もっと大きな損失を恐れずに立ち向かう勇気と覚悟が、上司に必要なのである。

これが、ガバナンスの核心だと思う。

私は、もちろん100点ではない。
60点に満たないかもしれない。つらい経験や、後悔もある。

それでも、経験を糧として、未来につなげたいと思っている。

そういう想いでまとめると、

組織のガバナンスを確立するためには、
とくに、「医療」のガバナンスを創りだす際は、
「献身」という日本人が大切にしてきた価値観を中心に据えることが、重要だと思う。

この考えは、病院レベルにとどまらず、
今後、地域全体で「働き方改革」に取り組む際に、
さまざまな関係職種の心を一つにするために、欠かせない中心軸になるだろう。

公開日:2020年3月11日  カテゴリ: 新井隆男のブログ

プロフィール

救命救急センター長 新井隆男

東京医科大学八王子医療センター
救命救急センター長 新井隆男

◎所属学会 認定資格
日本救急医学会指導医
日本救急医学会関東地方会
日本臨床救急医学会
日本外科学会
日本腹部救急医学会
日本感染症学会
日本熱傷学会
日本プライマリ・ケア学会

◎これまでの社会活動
東京DMATインストラクター
東京都地域災害医療コーディネーター